画家の経歴は下を見る

                   
                      渡辺
祐一郎

 1921   小樽生まれ

1938  庁立小樽中学卒

 1942   東京美術学校油画科卒、小樽に戻る   

1948   一水会展で一水会賞(62会員優賞)

  1952   日展で特選・朝倉賞受賞し上京

  1953   一水会会員('93運営委員)

 1957   フランスへ留学、サロン・ドートンヌに入選('58帰国)

1959   大丸百貨店(東京)で滞欧作品展開催

1975   日展会員('86評議員)

1977   東京家政大学教授('93まで)

1984   市立小樽美術館で「渡辺祐一郎自選展」開催

1986   資生堂ギャラリー(東京)で個展開催

 1995   死去(74)

1996   市立小樽美術館で「人間の存在感-渡辺祐一郎展」開催

9歳で太地社展に入選し早くからその才能を顕した。又2年間のフランス留学でそれまでの静かな写実から迫力のある裸婦を描く

作品収蔵:市立小樽美術館、尼崎市総合文化センター

 戻る