画家の経歴は下を見る

上野山 清貢一線美術会創立会員、全道展創立会員

画題:魚(SM)  価 格 60,000円

                  

1889   江別市生まれる

1909   札幌師範学校図画専科で正教員の資格を取得

  1912   画家を志して上京、黒田清輝・岡田三郎助に師事

  1924   帝展に初入選('26特選.'27特選.'28特選)

  1929   道展主催で上野山清貢歓迎展開催  

1930   帝国美術院委員

1936   作品2点を皇室に献上

1940   文部省主催の「紀元2600年奉祝美術展」に招待出品

  1945   全道展創立会員

1950   一線美術会創立委員

1953   北海道新聞社文化賞

1958   東京都美術館で上野山清貢画業50年記念特別陳列

1960   肺炎で死去(71才)

1979   現代巨匠が描く風景画78景国立公園名画展に招待出品

1981   北海道立近代美術館で「上野山清貢展-道産子のロマン」開催

1997   北海道立近代美術館コレクション100選に選ばれる

35才で念願の帝展初入選、以後帝展で3年連続特選注目を浴びる。

 作品収蔵:北海道立近代美術館、市立小樽美術館

 

 

 

 戻る