画家の経歴は下を見る

                      松島 正幸    

  1910   深川市生まれ

   1931   太平洋美術学校本科卒、二科展に初入選

   1940   文部省主催の紀元2600年奉祝美術展出品

   1945   札幌に疎開、全道展創立会員

   1947   独立美術協会会員

  1965   北海道教育大学岩見沢分校非常勤講師

 1970   道庁よりの依頼により開拓記録画「小樽港の築港」制作

  1971   フジテレビ「第58回テレビ美術館松島正幸・水のある風景」放映

   1977   全国県展文化庁文部大臣賞選考委員

 1980   紺綬褒章受章

19 90   岩見沢市に松島正幸記念館開館

1997   北海道立近代美術館コレクション100選に選ばれる

1999   肺炎のため東京で死去(89)

2000   道立近代美術館で「松島正幸展」開催

* 本格的な油絵の具のマチエールを体得した画家として高い評価を受る
作品収蔵:東京国立近代美術館、北海道立近代美術館、ワルシャワ美術館

 戻る